グダグダよし坊のダラダラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛、輸入中止。

<<   作成日時 : 2006/01/21 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入

 政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。

 安全が確認されるまでの措置。食品の安全性をめぐる議論の末に、一度は決着した米国産牛肉の輸入禁止問題は、振り出しに戻る。米国側のずさんな対応と同時に、米国に対する配慮から輸入再開を急いだ日本政府への批判も強まると見られる。

 問題の牛肉は、20日に成田空港に到着したもので、空港の動物検疫所で調べたところ、米国の業者から届いた41箱(390キロ・グラム)のうち、3箱(55キロ・グラム)に脊柱が混入しているのが見つかった。脊柱は、脳などとともにBSEを引き起こす病原体が蓄積されやすい部位とされ、除去することが日本の輸入条件となっている。

 小泉首相は20日夜、記者団に対し、「中川農相から米国産牛の日本への輸出は全部ストップすると電話で報告があった。米国にしっかりとした対応を求めるというので『それはいいことだ』と言った」と述べ、輸入の再禁止を了承したことを明らかにした。首相は中川農相に「厚生労働相とよく協議して米国にしかるべき対応を求め、適切な措置を日本として求めるように」と指示した。

 中川農相は同日夕に農水省で記者会見して、脊柱が混入した米国産牛肉が発見されたと発表し、「輸入プロセスの重大な違反となり、極めて遺憾だ。きちっと調査をして、米国政府に厳重に申し入れをしたい」と強い不快感を表明した。

 米国産牛肉は、米国内でのBSE発生を受けて2003年12月に日本が輸入を停止。内閣府・食品安全委員会のプリオン専門調査会(座長=吉川泰弘・東大大学院教授)で、輸入再開のリスクを検証し、脳や脊髄(せきずい)などの特定危険部位の除去や、生後20か月以下の牛に限ることを条件に、2年ぶりの再開を決定。12月16日に解禁から初めての米国産牛肉が成田空港に到着した。

 米国内での特定危険部位の除去作業をめぐっては、昨年8月、米国政府が自ら1000件を超える手続き違反を公表していたこともあり、以前からずさんさが指摘されていた。

 食品安全委は、昨年12月8日に農林水産、厚生労働両省に出した答申の中でも、輸入再開の条件が守られなかった場合は「(再開後に)輸入を停止することも必要」と指摘している。
(読売新聞)
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060120-00000013-yom-bus_all
強調はよし坊がつけましたよ、と。

やっぱりといえばやっぱりなのですが、さすがアメリカ様です。
早速約束を破ってきましたねw

41箱中3箱に混入とは・・・
アメリカでは受け入れられるのかもしれませんが、日本では到底受け入れられることのないレベルのものです。
品質管理が甘すぎます。
話になりませんです。

自国の産業にいい顔をするために日本を食い物にしようという発想はいただけません。
BSEを引き起こす異常プリオンは、脳や脊髄に蓄積します。

遺伝的な問題で、欧米の白人よりも日本人は異常プリオンに高確率で感染しやすい可能性があります。
(まだ学術的に証明されたわけではありませんが、学説があります)

牛肉輸入再開の議論が杜撰だったことは知っています。

「相変わらず外圧によええなぁw」

と思っていたのですが、今回の対応の早さは評価したいと思います。

中川君、ありがとう!


BSE感染牛を食べると↓
http://fanky-yoshibou.at.webry.info/200601/article_17.html
こうなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米産牛肉、安全確認まで再び輸入停止・危険部位混入で (日経:2006年1月20日)
<記事内容> 農水省は20日、米国から輸入した牛肉に、脊柱(せきちゅう=背骨)が混じっていたと発表した。脊柱はBSE(牛海綿状脳症)の病原体プリオンが蓄積しやすい危険部位で輸入は禁止されている。政府は米国産牛肉の安全性が確認できないとして、同日付で米国からの牛肉の輸入を全面停止した。昨年12月の輸入再開からわずか1カ月で米国のチェック体制の不備が発覚し、日本での米国産牛肉販売の行方は再び不透明になった。 農水省は米国からの報告を待って輸入再開を検討するとしている。同日夕に中川農相から... ...続きを見る
へんじゃぱサンデー
2006/01/21 10:13
アメリカ産牛肉が再び全面的輸入停止にっ!
<米国産牛肉>再び輸入禁止 危険部位の混入確認 (毎日新聞) - 1月21日1時54分更新 政府は20日、米国から同日朝輸入された牛肉に脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが確認されたと発表した。成田空港での検査で、一まとまりで空輸された41箱のうち3箱(55キロ)から見つかった。昨年12月に再開された米国産牛肉の輸入では、脊柱などBSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の除去が義務づけられている。この違反を受けて政府は、米国から原因について報告があり安全が確認さ... ...続きを見る
やっばり言いたい中年のひとこと日記
2006/01/21 11:25
言わんこっちゃない
【米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入】読売  政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。 ...続きを見る
缶コーヒーブレイク
2006/01/21 14:49
三点セットは定食付きで♪
耐震強度偽装事件、ライブドアショック、輸入牛肉禁止事件 の三点セットで野党が頑張るみたいだけどひとこと攻め方の提案を。 ...続きを見る
らんきーブログ
2006/01/25 20:50
どこかおかしい牛丼狂騒曲
愛知県の会社員、47歳は「牛丼 に勝るものなし。政府は早く米国産牛の輸入を解禁すべきだ」と、力を込めた、と記事はある。 ...続きを見る
新聞批評
2006/02/03 09:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
牛、輸入中止。 グダグダよし坊のダラダラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる