グダグダよし坊のダラダラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS パーキンソン病 1 〜概論〜

<<   作成日時 : 2009/01/14 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

こんばんは、今日も一日を飄々と生きています、よし坊です。

今日はパーキンソン病についてです。

原因は脳みその一部である中脳黒質の緻密部というところにあるドーパミンをだすニューロンが何らかの理由で変性を受けるため起こります。

注)ドーパミン・・・脳の伝達物質の一つ。
  ニューロン・・・神経細胞のこと。刺激を受け取る部分・刺激を放出する部分を持っている。

50〜60歳の人に起こります。遺伝性は基本的にないです。(あるものは家族性若年性パーキンソニズムという違った病気になります)

症状
・無動・・・動作の動きが遅くなります。特に動き始めることが難しくなります。
動き始めてもゆっくりと行うことしかできなくなります。

・振戦・・・手のひらを膝の上に置いたり、動作をしているときに手がピクピク動きます。親指と人差し指で薬をこねるような動作を行います。

・筋固縮・・・筋肉が緊張して、他の人が関節を動かそうと力を加えても、容易に動きません。動かしている際に歯車のようにコキコキ動きます。

・仮面様顔貌・・・無表情になります。瞬きの回数も減少します。唾液が口からこぼれてしまいます。

・姿勢の異常・・・パーキンソン病の患者に特徴的な歩き方があります。それは、頭が前に突き出て、上半身は前かがみ、背中を丸めて、手を振らずにだらんと前にたらし、重心が前に偏ったようになります。歩き始めは遅いのですが、歩き始めてからはだんだんと加速し、自分で止まることができなくなります。(加速歩行)バランスが悪くなり、押したり引っ張ったりすると、手や足を出さずにそのまま倒れそうになってしまいます。
・神経による障害・・・立ちくらみがします。上半身の汗がよく出る。便秘は必発です。排尿障害が出現します。

パーキンソン病の症状はひどく特徴的なので、見ただけでわかることがほとんどです。
特に姿勢の以上は見ただけでわかります。
こういう人が身の回りにいたら病院に行くことを勧めてあげてください。

治療はまた次のエントリにて・・・

今日はここまで。さようなら。

↓気が向いたらクリックしてやってください。
にほんブログ村 病気ブログ 医学へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、さて今回フィリピンで『豚エボラ(レストン株らしい)』が発生したそうです、パンデミックは起こりますか?
ほの暗き闇の底
2009/01/17 23:02
豚エボラですか・・・

感染症については、特にこんな日本で発生例のない疾患については確かなことは言えませんが・・・とまずは、お断りしておきます。

エボラ出血熱は感染率が50〜90%弱程度です。
これらの数値はアフリカで発生したため、日本などの医療が発展している国ではどの程度の数値に落ち着くのか、想像もつきません。

感染するには感染者の血や排泄物などへの接触、飛沫と言われる小さい粒子の吸い込みにより起こると考えられています。
吸い込めば感染率は、ほぼ100%と言われています。
その点では非常に怖い感染症です。

しかし、アフリカ内でも散発的にしか起こっていないところをみると、インフルエンザほどの拡大力はないと思われます(私見)
割とすぐ死ねる点、致死率が高すぎる点でなかなかパンデミックにならないのではないかと・・・

よし坊
2009/01/18 22:12
さらに、分かった段階で患者をきちんと隔離すれば、大問題へと発展することはないのではないかと・・・
ただ、エボラをエボラと診断できる医師なんて日本にはほとんどいません。(日本では発生例ゼロのため)
そういう点では、最初の流行地が日本になると流行する可能性も多々あります。

よし坊としては、パンデミックも起こりうりますが、先進国では大丈夫なんじゃないの?という超楽観的な思想を持っていますw

ただ、このレストン株の気がかりなところは、空気感染する可能性があるというところです。
もう一点、普通のエボラのウイルスよりも弱毒株らしく、不安感をあおるという状態です。
空気感染するウイルスを吐き出しながら、社会生活を送ることになればとんでもない被害をもたらす可能性もあります。

今のところは人に感染する状態ではないですが、ヒトーヒト感染するようになると本家のエボラよりも強力になる可能性があると思います。

というわけで、わかるようなわからないような、煮え切らない話になりましたが、この辺りでご容赦ください。

ソースはウィキペディアの英語版を参照しましたよっと。
よし坊
2009/01/18 22:19
映画『感染列島』では、ウィルスはフィリピン(劇中では一応別の国名(ロケはフィリピン))原産と言う事になっていました、

エボラは変原性(?)を獲得する能力があるようです、サル→豚→人への変原性を獲得しないように祈るしかありませんね、w
ほの暗き闇の底
2009/01/21 22:13
う〜ん、変異原性のことでしょうか?
変異原性とはDNAの変性を促す能力のことを指します。

ウイルスや細菌は、DNAの変異を人間などに比べると起こしやすくなっています。
ウイルスや細菌はすさまじい勢いで世代交代を繰り返す(DNAは複製を繰り返すほど複製のミスを起こしやすくなります)ことと、DNAやRNAの複製機構が不安定なため、どんどん変異をためてこんでいきます。

それが耐性菌であったり、タミフル耐性のインフルエンザであったりします。
どのウイルスでも人間に感染するようになる可能性はあると思います。

エボラが変異を飛び切り起こしやすくないことを祈るばかりです。
よし坊
2009/01/24 23:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パーキンソン病 1 〜概論〜 グダグダよし坊のダラダラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる